代行の経費や手数料など

はじめに

こちらの情報をしっかりと理解するには貿易に関しての理解を深める必要があります。

弊社では物流業務の提供を可能な限り考えなくて良い価格で行っており、中国、日本、ともに「難易度の高い理解」をする必要はないと思っています。

発注書に商品情報を入力いただければ、自動で金額が計算されますので、そのままご利用いただくことが無駄な思考のキャパシティを使わないのかなと思います。

 

ただし、価格をしっかりと理解されたい方も、もちろんいらっしゃいますのでまとめております。

 

弊社の代行サービスは

・中国輸入のみ代行するサービス

・中国輸入、保管、販売、宅配を代行するサービス

があります。

 

このページで解説するのは

・中国輸入のみ代行するサービス

で、発生する費用についてです。

 

・中国輸入、保管、販売、宅配を代行するサービス

で、発生する費用については、こちらの「バイヤーズストアプラン経費 ← クリック」にて解説しています。

 

中国輸入代行で発生する経費

中国輸入代行で発生する経費は主に下記です。

  • 商品代金
  • 中国国内の送料(大体6元~100元)
  • 日本への国際送料
  • 消費税:10%
  • 関税:平均3~9%(商品によって変わります)
  • 中国従業員の人件費

 

それでは、経費の発生する流れを見ていきます。

 

発注書のお客様記入欄

1.発注個数を入力

2.上限価格(もし、値上がりしても「上限価格」までなら仕入れてOK。超えたら発注しないで)

3.仕入れURL

4.破棄・交換・画像 → どれを選ぶべきかは、中国輸入で最も重要な品質問題に対する弊社代行上での取り組みについて解説していますので必ずご一読ください クリック→ 「不良品等、問題発生時の対応について

 

ここまで入力すると簡単なお見積が出ますので、入金をお願い致します。

資金管理表残高が、見積もり合計を下回っている場合、仕入れが開始されませんのでご注意下さい。

 

発注時の中国スタッフ記入欄

5.実仕入単価

6.中国内送料:中国倉庫までの送料です。距離とメーカーの発送方法によって変動します。

7.実仕入個数

8.関税率 → 利用しません。

※ 空輸で指定住所へ発送する場合、荷物受け取りの際に関税をお支払いいただきますので「発注書」での請求はありません。

 

商品到着後の中国スタッフ記入欄

9.重さ → 保管・販売・宅配代行のみ

10.破棄、交換、画像

11.準備完了

12.箱番号

 

商品発送後の対応

発注済みの商品が全て揃うか、お客様の指示にて到着済みの商品を梱包・発送致します。

その際に、正式にお預かりしているお見積り金額(預り金)から、実際にかかった費用をいただきます。

費用の内訳は発送日ごとに発行しております。

 

 

請求時に加算される手数料一覧

中国での1型番ごとの変動費

1発注、1型番ごとに毎回発生する項目です。

・中国受取料:商品を倉庫で受け取り、箱を開け中身を確認し、該当商品を探し、型番を判明します。1型番ごと、1発注ごとに、1回課金

0.4元

・検品切替:検品は商品が切り替わる際に最も経費が発生します。商品を机に出し、注意点とパッケージ方法を洗い出し、検品終了後、袋で区切って型番を記入します。同じものが大量にあると注意点を覚えて一気にできます。1型番ごと、1発注ごとに、1回課金

0.4元

・箱詰め:中国で完成した商品を区分けして箱詰めします。同じ商品はまとめて入れられるので、1型番ごと、1発注ごとに、1回課金

0.5元

 

ここまでで合計、1.3元

・発注書ごとにかかる「インボイス作成費用」:材質や価格、写真など通関に必要な情報を登録する作業で、発送方法で金額が変わります。

空輸(特殊含む):0.4元

船便:2.5元

これを、1.3元に足した金額が「1型番ごと」かかる経費です。

 

中国での商品の個数ごとの作業変動費

商品の個数ごとに課金されていく項目です。

入れ物:商品を適切なパッケージに入れます。OPP袋、小箱、など原価で提供します。
・OPP袋(日本でもよく使われる透明の商品を入れる袋)の場合
0.05元
・小箱
セット:1セット:1元(2種類を1個)以上、1種類増えたごとに+0.2元×商品個数
例1. 2種を1つのセットにした場合は1元+OPPが必要な場合は0.05元(OPP代金)
例2. 4種1つのセットにした場合は1.4元+OPPが必要な場合は0.05元(OPP代金)

 

発注の個数と作業の選択によって、請求金額の変わる項目です。仕入れをすることが確定した時点(発注書ご提出時点)で、お見積り額(商品代金や国際送料など仕入れにかかる推定費用)をご入金いただき、

※お見積り額は発注書のQ1(お振込みの場合の額)、Q2(クレジットカードでのお支払いの場合)セルにございます。

※クレジットカードでお支払いの場合、手数料としまして4%頂戴しております。予めご了承ください。

 

中国での発注書ごとの変動費

国際便:商品を日本へ送る手段を選択します。空便か船便か特殊空便から選択してください。
※船便は安いですが、必要最低限の容量が必要になってきますので、チャットにてお問合せください。

国際送料:商品を日本へ送る料金です。原価で提供しており一律となっております。(ダンボール、緩衝材、通関手数料を含む)

※発注書ごとの重さで計算しますので、緩衝材などの重量も含みます。
空便:0.015元/g
船便:0.011元/g

 

※ 国際送料の厳密な計算方法

1つのダンボールに複数の会員様の商品が混在している場合、
会員様が発注された商品ごとの重量を測ってからダンボールに詰め、会員様の商品の容積に按分してダンボールの重量を割合で足します。
※ダンボールの重さは約1.2kg

(例)1つのダンボールにA様の商品が1/4を占めていた場合、実重量(もしくは容積重量の重い方)+1.2kg(ダンボール重量)/4で計算します。
商品が容積に対し、軽い場合、容積重量を適用させていただいておりますが、
容積重量の算出方法は、2kgの商品でダンボールの容積の1/4を占めていた場合ですと
{(58×48×32/6000)+2}/4になります。
※58×48×32はダンボールサイズです。
この算出方法により、梱包材を含む重さを算出させていただいております。

上記より算出させていただいた重さに
空便の場合:15元/kg
船便の場合:11元/kg
を掛けた金額を国際送料として算出しています。

 

消費税:(商品代金の合算+国際送料)×10%です。

関税:(商品代金の合算+国際送料)×9%

 

特殊航空便について

21キロから特殊航空便での発送は可能となっております。
※どうしても21キロに到達しない荷物を発送したい方は別途ご相談ください。

空便の+0.011元/gです。
中国倉庫から発送してから5〜7日程度で日本に到着します。
※1回の発送に対し、通関手数料といたしまして、3元を頂戴しております。予めご了承くださいませ。
電池、粉、モーター、時計、その他指定の「通常空輸不可」商品は特殊荷物となります。
ブランド商品の偽物などの輸入禁止品の検出された場合、2000元罰金とされます。ご注意ください。

 

為替レートについて

基準はGooglefinanceのリアルタイムの為替レートを参考にしています。 CNY (中国元)リアルタイムレートに+ 1.35円

確認はこちらをクリック

この場合「16.38+1.35」=「17.73」で計算します。

※リアルタイムで変動する物ですが、スタッフ確認時点とさせていただきます。

 

資金管理表における請求額の計算

■請求額(実仕入額)
[{実仕入単価×(実数量-破棄数-返品数)+国際送料+関税+消費税+OP実料金+中国内送料+返品送料+作業固定費(1型番につき、新規の場合5.3元、補充の場合1.3元)+インボイス手数料}×レート+日本固定費+不良品対応費]

 

 

© 2020 日本一の仕入れ機会の創造