中国輸入 代行 航空便(飛行機) 船便(船)のメリット デメリット比較

更新日:

中国輸入をする際に、航空便や船便などがありますが、どの会社のサービスを利用すれば、
安く送ることができるのか。自分が取り扱っている商品によって、適した発送方法があります。
航空便、船便などそれぞれの特徴と、メリット、デメリットを紹介。

中国輸入 発送方法の違い

航空便(2-4日でお届け)
当社で取り扱う航空便
DHL:早いが料金は若干高い
佐川グローバル:佐川急便が提供するサービス。価格、納期等考慮して一番いいので基本はこちら
EMS:各国の郵便局が提供する最もメジャーな発送方法ですが価格が高いのであまり使わない
OCS:容積重量がかかりにくい、その為極端に軽い荷物には適している
ローカルクーリエ:価格は安いが納期が極端に遅くなったり品質に問題があるので基本使わない。

 

中国輸入 小型便 の特徴メリット

小型便(2-4日でお届け)

小型の商品を発送するのに適した航空便

基本的に中国倉庫から末端のお客様まで商品を発送

末端のお客様は個人輸入なので16000円までは関税がかからない

日本側の送料、発送の手間が全くかからない

中国に在庫を置くので補充が早い、その為在庫が少なくて済む。

船便チャーター(FCL)


船便チャーター(FCL)
FCLは1つのコンテナで1社の商品のみ発送。
メリットは
価格がかなり安い、通関も1件分
積み込んだ後は港からすぐに発送できるので納期も早い
積み込みを行ったあとは基本的にお客様にお届けまでコンテナを開けることがないので破損リスクが少ない。

デメリット
ある程度の荷物量がないと逆に高くつく

船便混載(LCL混載便)


船便混載(LCL、混載便)
LCLは1つのコンテナに複数の輸入者の商品を混載で送る。
デメリットが多い
船会社がコンテナがいっぱいになるまで発送しないので時間がかかる
荷物の積み替え作業が余分にかかるので破損リスクが高い。
通関を輸入者ごとに行うため通関費用が高い(3立法で約12万円)

上記LCLのデメリットを解消するために当社が提供する混載便

個々の輸入者様の通関をまとめて行うため通関費用が安い。
一度積み込みを行ったあとは積み替えは行わないので破損リスクが少ない
発送は定期的に行うので到着まで早い

国際発送まとめ

①取扱商品によって使うべき航空便がある
②小型便を中国から直送する方が配送料が安くなるケースがある
③FCL便のメリットと混載便のメリットをうまく活用した新しい船便サービスがおすすめ

 

-中国輸入 代行

Copyright© バイヤーズ中国輸入代行 , 2018 All Rights Reserved.