OEM 代行 生産 商品 ODM PB SPAとの違い 仕組み 基礎知識

更新日:

OEM生産とは

OEMとは、他社のメーカーで製造し、自社メーカーとして販売する事を「OEM生産」と言います。

簡単にいうと「設計と開発を自社で行い、製造のみ依頼」というような流れです。

OEMの略は「Original Equipment Manufacturing(オリジナル・エクイップメント・マニュファクチャリング)」の略称です。日本語に直すと「委託者ブランド名製造」「委託者商標による受託製造」「自社の製品を製造する会社」などと言われております。

生産したい商品がある委託者が、商品の設計から生産までを受託者に依頼し、生産された商品は、委託者のブランドをつけて小売に出します。

ODM(オーディーエム)生産、PB生産との違い

OEM生産と似たような「ODM(オーディーエム)生産」「PB生産」などがあります。これらはOEM生産とはことなります。

ODM生産について

ODMとは委託者のブランドで商品を設計、生産することをいいます。

簡単にいうと「アイデアを話して商品化できれば、設計から開発まで全て依頼」というような流れです。

ODMの略はOriginal Design Manufacturing(オリジナル・デザイン・マニュファクチャリング)です。
主に中国、台湾の企業、携帯電話業界・パソコン業界を中心に見られます。

基本的な部分はOEMと似ていますが、OEMでは受託者側に製造のみ委託するのに対し、ODMの場合は商品企画までも受託者側に任せます。

サンプルができ上がるまでの作業を任せることになる為、委託者側は大幅に作業負担が減るというメリットがあります。

また、商品開発を行うためのデザイナーなどの担当者を雇う必要がないため、人件費も削減が可能です。

PB生産

PBとは小売店・卸売業者が企画販売するブランドの事です。

PBの略はprivate brand(プライベートブランド)の略で、この形態では、メーカーは基本的に製造のみを担当します。

PBは自社で企画や開発を行うことから「同業他社との差別化がしやすい」というメリットがあります。

また、商品に人気が集まれば小売店・卸売業者のイメージアップや信用にも繋がります。
また、自社で商品の価格を決定できることから、コスト面にもメリットがあります。

ですがデメリットとして
自社開発なので知名度の点では優位ではなく、マーケティングも難しいと言われております。

SPA生産

SPAとはアパレル分野を中心として、小売業者が製造の分野まで踏み込み、自社のオリジナル商品の開発を行い、自社で販売する方法です。

SPAの略はspeciality store retailer of private label apparel(スペシャリティーストアリテイラーオブプライベートレーベルアパレル)とは、
SPAで有名なブランドに、ユニクロやコムサなどが挙げられます。PB生産と近い物がございます。

SPA生産とPB生産の違い

SPAは企画、制作、販売全てにおいて自社でやるものを総称して呼んでいますが、

PBは外注の会社を業務に入れたり、関連会社を使ったりする事がありますのでSPAとの違いは「外注、関連会社が入るかどうか」が大きな違いです。

OEM生産の活用方法

売上を伸ばすには有効な方法ですが、工場に依頼するため商品のロット数も多く、コストが掛かってしまいます。

商品を選び間違えれば在庫リスクも高くなります。

売れる商品を見極めて、効果的な集客方法が大切です。

また、OEM商品は日本や中国だけでなく

韓国やタイ、バングラディッシュなどで製造することもできます。

ですが、自社で全て生産するよりもOEMははるかにコストが安いので、まず商品を製造したい場合はOEMをご活用しましょう。

まとめ

①OEMは「設計と開発を自社で行い、製造のみ依頼」
②ODMは「アイデアを話して商品化できれば、設計から開発まで全て依頼」
③PB、SPAの違いは「関連会社、外注がなく本当に全て自社で行なっているかどうか」

-OEM 代行

Copyright© バイヤーズ中国輸入代行 , 2018 All Rights Reserved.